2017.05.31

弘法トレイル:吉野〜洞川温泉

5月27日は、吉野から大峰の大天井ヶ岳を経由して洞川温泉まで22kmのハイキング(部分的には走っているので、一応トレイルランに分類)。
その昔、弘法大師様が高野山と吉野の間を往来したと言われる道のうち、先週出場したレースのKobo Trailで走らなかった区間を歩いてみました。(吉野から高野山までフルに走るカテゴリーもあったのですが、私がエントリーしようとした時にはすでに定員に達していてエントリーできませんでした)
近鉄の吉野山駅を8時すぎにスタート。金峰山寺の蔵王堂にお参りしてから、奥駆道を大天井ヶ岳に向かって南下。この奥駆道の区間はメジャーな登山道でしっかりとした道がついていますが、大天井ヶ岳を過ぎて洞川温泉方面へ弘法大師の 道に入ると、トレイルに不明瞭なところが増えてきます。
普段は歩く人もあまりいないようで、今日は大天井ヶ岳か洞川温泉まで完全に私一人でした。
こんなところで転んで怪我でもしようものなら大変なことになるので、慎重に歩を進めた分、結構時間がかかってしまいました。
5時間強かかって洞川温泉に下山。
日帰り温泉施設で入浴後、バス停に向かって歩いていると、屋台がでていて、鮎を炭で焼いていました。さらにはパックですが鮎ご飯も売っていたので、昼食は、鮎の塩焼きと鮎ご飯の鮎づくしにしました。美味でした(^^)

IMG_0045.jpg

IMG_0047.jpg

IMG_0048.jpg

IMG_0051.jpg

IMG_0052.jpg

IMG_0053.jpg







2017.05.22

Kobo Trail(弘法トレイル)出場

5月21日に、Kobo Trailというトレイルランの大会に出場してきました。
その昔、弘法大師が高野山と吉野の間を往来していた山道を、吉野(洞川温泉)から高野山まで走るという、なかなか趣のある大会です。
奈良県と沿道の5自治体が共同で、地域振興も兼ねて主催している大会で、スタート地点の洞川(どろかわ)温泉での一泊二食もセットでエントリー費用23000円。宿の人は親切で食事も美味しいし、龍泉寺での護摩供の勤行体験もできたりで、あまり高額という感じはしませんでした。
今回、レース前の2週間がやたらと忙しかった上にちょっと風邪をひいてしまい、さらには携帯を落として壊してしまい代替え機の手配やセットアップに手を食ったりとかで、まったくトレーニングができていない状態。DNSもちょっと考えましたが、洞川温泉は初めてなので、まあレース当日は行けるところまで行ってみようということで出場することにしました。
レース当日は、日中30℃を超える暑さの上に、コースはFixロープを掴んで登るような個所もある急登・急下降の連続。弘法大師様は肉体的にもタフでらっしゃったようです。
トレーニング不足からくる疲労と暑さでヘロヘロになり、何度もリタイアを考えましたが、「夕暮れ時の高野山を体験したい」の一心で走り続け、なんとかゴールすることができました。
夕暮れ時の高野山、歩いている人はほとんど外国人でした。日本人にも、宿泊してゆっくり体験されることをお勧めしたいと思います。
なお、ゴール後は、高野山の施設で入浴することができ、さっぱりして家路につくことができました。
さらに、オプション1000円で注文しておいた夕食弁当はボリュームたっぷり。帰りの南海特急の中でおいしくいただきました。
アフターまで含めて、なかなか良い大会でした(^^)

IMG_0017.jpg

IMG_0014.jpg

IMG_0453.jpg