FC2ブログ
2017.11.15

小同心クラック

8月26日~27日の小同心クラックの記録です。
行った人:福本博子、高治・
P8270003.jpg
P8270004.jpg
P8270007.jpg
P8270008.jpg
P8270014.jpg
P8270016.jpg
P8270018.jpg


26日(土)、
 早朝自宅を出る、針インターでは豪雨、昼には、上がるの天気予報を頼りに、八ヶ岳に向かう。
予想どうり雨上がりの美濃戸から、約2時間で赤岳鉱泉に。
タイム:美濃戸12,00~14,00(小屋泊)
27日(日)
 朝5時前、薄暗い中、ヘッドランプを頼りに、小屋を出る、天気は、晴、急登の大同心稜を登り、大同心の基部
から、大同心ルンぜを横断し、小同心クラックの取り付きテラスに、40m2ピッチと10mで、小同心の頭に、ここから、
草付きを、コンテニアンスで、横岳南壁基部に、30m1ピッチで、横岳頂上に、若いハイカー達の歓迎で迎えられる。
休息後、今回の核心の、硫黄岳経由で下山。
タイム:赤岳鉱泉5,00~大同心基部7,00~7,30小同心取り付き8,00~10,00横岳10,30~12,30赤岳鉱泉
13,30~15,30美濃戸

今回の小同心クラックは、
主に冬季の岩場で紹介されています。夏場は、所どころ浮き石に注意が必要です。

今回の装備:ロープ(8,8mm*40m+7mm*40m)、ヌンチャク5本、スリング10本、カラビナ7枚、カム2、
(カムは、使わずでした)。